<

港区のワインバーがリゾート地を感じさせる外観に変貌

2017,08,28

今回は港区六本木にあるワインバーを施工させていただきました。

 

日の当たらない暗い場所であったことや、場所柄ゴミがよく捨てられることが多かったことから、明るく清潔感があり、店舗を快適に利用できるよう、グリーンを設置させていただきました。

 

設置場所は店舗入口に通じる左右の庭内で、広さは坪庭程度の小さなスペースです。

施工前は植物同士の相性が悪く、写真のように背の低い植物が弱っている状態が見受けられました。


▲施工前の様子

そこで施工後も依頼者様だけでも管理がしやすいよう植物同士の相性も考慮し、共存しやすい植物をレイアウトするように工夫してみました。

 

▲作業の様子

また、屋外ではあるものの建物の屋根の下にあり、雨が当たらないため、土の水不足(水ギレ)なども想定して施工する必要がありました。
加えて、日陰になる場所でもあるため、冬の寒さにも耐えうる植物を考慮し設置。

 


▲施工後の様子①


▲施工後の様子②

大小様々な大きさの植物を配置したことで、小さな空間ながらバラエティに富んだ飽きのこない癒し空間を演出することができました。

ワインバーという店舗のイメージも踏まえ、一見南国をも思わせるような存在感のあるグリーンを交えたことで、店舗へ向かうお客様の期待感を適度に高めるロマンティックな空間に仕上がっています。

種 類 :ビロウヤシ、インディビサ、タコの木、
アイビー、ポトス、アビス、テーブルヤシ、
ギボウシ、オカメヅタ、オリズルラン、
ソングオブインディア、アスパラガス・プルモーサス

>観葉植物のレンタル・リースに関する詳細はコチラから