観葉植物インテリア・グリーンレンタルはKIRIN PLUS

オフィスやテラスの癒し♪室内でも屋外でも育てやすい観葉植物

オフィス内で働いている方にとって、休憩時にはテラスや屋上で緑に囲まれた場所があればリフレッシュができて嬉しいと思っている人も多いのではないでしょうか。
一方で、屋外で観葉植物を育てるのは難しいのでは?と思う方もいるようです。
そこで今回は、室内、屋外とそれぞれの環境で育てやすい観葉植物をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。
 
 

観葉植物は室内で育てることが多い

見ているだけで清涼感と癒し効果がある観葉植物は、一般的には室内で育てられることが多いものです。
屋外で育てている場合もありますが、植物の種類によっては、直射日光による日焼けや害虫の影響などが心配されることもあり、基本的に室内のほうが管理しやすいです。

とはいえ、室内で植物を育てる場合でも、置いておく環境にしっかりと順応できる種類を選ぶことが大切です。
極端に日当たりが悪い場所や冬場に温度が低くなる場所に置いてしまうと、観葉植物の種類によってはすぐに枯れてしまうこともあるでしょう。
屋外でも室内でも、植物にとって育ちやすい環境を心がけることが大切です。
 
 

屋外でも室内でもどちらも適応できる植物

屋外でも適応できる観葉植物なら、室内に置いたり、ときには屋外に置いたりと、季節によって、場所を変えることも可能です。
ここでは、屋外でも育てやすい植物を紹介しましょう。

オリーブ

オリーブといえば、「実」をイメージしますが、観賞用のオリーブの木があります。小ぶりで涼やかな葉っぱが特徴で、葉っぱが多く付いているのに、どこか軽やかな印象を与えてくれます。葉っぱの色は少しアースカラーの緑色になっているため、アンティークな雰囲気や自然の素朴な雰囲気によく似合います。

 

デコレートされた大振りの鉢とも相性がよいため、おしゃれな雑貨店やヘアサロン、洋菓子店の玄関先などで見かけることが多いですね。

シェフレラ

シェフレラは、ひとつひとつの葉っぱが花びらのように広がる、とても愛らしい植物です。
枝は、グレーに近い色でシンプルな造形ですが、枝の先には、小さな葉っぱが密集して広がり、涼し気な印象を与えてくれます。

 

また、成長期には新しい葉っぱがどんどん出てきます。
植物が成長する様子がわかりやすい点は、育てている実感を得やすいので初心者にもおすすめです。

 

シェフレラは、寒さに強く、日光を好むため、屋外でも育てやすいのが特徴です。
春から夏場は、新芽がたくさん出てくれるので、お手入れも楽しくなるでしょう。
たまに葉っぱを拭いてあげると、艶のある濃緑色になり、枝とのコントラストが爽やかです。
秋が過ぎると休眠期に向かいますので、水のあげすぎには注意しましょう。

モンステラ

モンステラは、南国の雰囲気を演出してくれる植物です。
深く切れ込みがある大きな葉っぱが特徴で、風に揺れる姿に癒されます。
熱帯雨林が原産地ですが、直射日光は好みません。
そのため、屋外でも日当たりを考慮する必要があります。

 

夏の暑さには耐候性がありますが、極端に寒い環境には弱く、15度を下回るときには、室内で育てる方が良いでしょう。
また、葉ダニを防ぐために、葉っぱの乾燥には注意して、霧吹きでの予防をおすすめします。

 

リゾートのような雰囲気づくりにはぴったりの植物です。
いっしょにガーデンチェアを置いて、緑と風を感じることで、リラックス効果が期待できます。

アイビー

アイビーは、クローバーの形に似ている愛らしい植物です。
1本の枝にたくさんの葉っぱがあり、蔓状に伸びて成長がとても早く育てやすいのが特徴です。

 

寒さにもある程度強く、日陰でも成長するため、屋外でも日当たりが少ない場所に向いています。
葉っぱが乾燥すると、葉ダニが付きやすくなりますので、外では葉っぱにもたっぷりと水やりをしておくと良いでしょう。

 

小ぶりの鉢にアイビーだけを植えるのはもちろん、大きな観葉植物との寄せ植えにも適しています。
いろいろなバリエーションで楽しめる点が良いですね。

 

オフィスのちょっとした休憩時間に植物で癒しを

オフィスに観葉植物を取り入れるときには、室内と屋外と両方で検討してみてはいかがでしょうか。
それぞれおすすめの観葉植物を置く場所をご紹介します。

 

● 室内でおすすめの場所

室内では、オフィスの受付や接客スペース、会議テーブルなど来客者が目に留まる場所がおすすめのひとつです。
緑を取り入れることで、空間のアクセントにもなることや、優しい印象を与えます。

また、社員の休憩場所に観葉植物を置くことも効果的です。
植物が発するマイナスイオンの効果で、リラックスすることができ、癒し効果が期待できるでしょう。
ランチをしているときでも、心地よさを感じることができるのではないでしょうか。

 

● 屋外でおすすめの場所

屋外では、オフィスの入口に植物を置くと、華やかさや優しさが感じられるでしょう。
何もないエントランスは、どこか殺風景な印象を与えるかもしれません。
オフィスのイメージに合う植物を置くことで、イメージアップが期待できます。

 

オフィスのテラスや屋上に植物を置くものおすすめです。
外の空気をすって気分をリフレッシュしたいときに、近くに緑があれば、リフレッシュ効果も上がるでしょう。
また植物を毎日眺めることで、植物の成長の様子を観察する楽しみもありますね。
それぞれに適した場所でぜひ観葉植物を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 一覧に戻る