観葉植物インテリア・グリーンレンタルはKIRIN PLUS

オフィスに観葉植物を設置する場合

オフィス用に観葉植物を購入したけど、ベストな置き方がよくわからないといったことはありませんか?
少なからず緊張感を伴う職場の中、しかも限られたスペースで、できる限り効率良く観葉植物のリラックス効果を発揮させたいものですね。
今回はそんなオフィスでの観葉植物の置き方・飾り方をご紹介します。
 

 

オフィスでの観葉植物の置き方・飾り方

まずは観葉植物を配置する際の基本的なルール・仕様などを考えてみましょう。
オシャレに見える、癒し効果を得るといった事の以前に、観葉植物を単純に植物あるいは置物・インテリアとして考察してみるのです。
 

視界に入り過ぎず、入いらな過ぎず

オフィスに観葉植物を配置する際は、目立ち過ぎないようにするのが基本です。
仕事に集中できる環境作りが第一ですから、植物を見て癒されることは第二の付随効果として考えると良いですね。
そしてお仕事の邪魔にならないように、通路等の導線を遮ったり、デスクに置く場合も余りにも、場所を取りすぎるのも良くありません。

また、いつも視界に入ると飽きてしまい、癒し効果が薄れることも考えられます。
特に買ったばかりの品や、一生懸命選んだ観葉植物はつい目立たせたくなるもの。
ですが、あくまでもオフィスインテリアのワンポイントとして観葉植物を配置してみましょう。
 

パーテーション代わりにもなります

オフィスでは、打ち合わせや休憩などのためにパーテーションを用いて室内を区切ることが多いのではないでしょうか。
その際に無機質な壁紙のパーテーションを使うより、観葉植物を配置してみるとよりオシャレな空間が出来上がります。

特に休憩や仮眠用などのスペースには観葉植物でのパーテーションは有効です。
緑色が視界に入ることで心身ともにリラックスし、また空気も浄化されます。
 

日当たりや風の当たり方なども考える

造花を使う場合は心掛ける必要はありませんが、観葉植物はあくまでも植物なので、少なからず光と水が必要になります。
配置場所を決めても「日光が当たらない」「風通しが悪い」などの理由で植物が傷んではせっかくの癒し効果もなくなってしまうというもの。
日陰でも育つ植物や造花を選択する、あるいは日の当たる場所を上手く作って観葉植物を配置するのがベストです。
 

日陰でもよく育つ代表的な観葉植物

実際に観葉植物を置いてみる

ここからはオフィスで実際に観葉植物を配置する際の注意点やコツを紹介します。
どれも基本的なことですが、限られた空間の中で上手く飾るのは意外と難しいものです。
出来る限り妥協せず、より仕事に集中できる環境を作り出しましょう。

【共有スペース】やや主張的に飾るとオシャレ

オフィス内でも、エントランス等の玄関に当たる箇所や廊下、休憩所などの共有スペースでは観葉植物をやや目立つように置くのが良いでしょう。
お客様の最初に目に届く場所、会社のイメージを左右し兼ねない一番大切な場所のため、一番立派な植物そして、インテリアに合う 鉢カバーも大切なポイントになります。
絶えず状態の良い植物を置いて置くためには、専門の業者の観葉植物管理専門の業者へレンタル(リース)で植物を飾るのも、堅い選択です。
集中力を必要とするデスクや会議室などでは視界から遠ざけるのが基本ですが、対照的にリラックス効果を高めたい共有スペースでは、植物を中心にインテリアを作るのがおすすめ。
例えば、玄関や廊下などでは戸のすぐ脇に置く、休憩スペースでは大きめの植物を真ん中に置くと、人の視界によく入り、仕事モードの頭を切り替えるのにとても有効です。

 

【事務所内】隅・角にさり気なく置くと効果的

共有スペースとは逆に、デスクワークやその他の作業(特に頭を使う作業)を行う際には、観葉植物を視界の小脇に置くのがおすすめです。

人が集中力を切らした時、視線は不意に逸れるものです。
その際に観葉植物が見えると、頭がゆったりとリラックスしてくれるのです。
デスクの並ぶ事務所などでは、人から向かって正面の壁は避け、疲れを感じ始めた時に向けてしまう部屋の隅っこや離れた場所が良いでしょう。

上記した二つのポイントをまとめると以下のようになります。
 
・事務所内(集中力を高めたい)→視界から外れた場所に観葉植物を配置
・共有スペース(疲れを癒したい)→視界によく入る場所に観葉植物を配置

 

デスク周りにも小さな植物(グリーン)を忘れずに

オフィスでの観葉植物の飾り方でもう一つ重要なのは、デスク周りです。
要するに仕事をこなす手元や机の上ですね。

あまり主張的なものは集中の妨げになるので、色合いや大きさなどは控えめに。
そして、周辺視野(視界において、実際にピントを合わせた場所の周りでぼんやりと確かめられる範囲)に入る所がベストです。

光の強いPC画面や、細かい文字の並ぶ書類などで疲労する目や脳を、周辺視野に入る観葉植物が僅かながら癒してくれるでしょう。
机上が彩り豊かになるのも、気持ちを高める上で役立ちますね。

 

それぞれのオフィス空間に最適な飾り方を

オフィスでの観葉植物の置き方・飾り方のポイントをご紹介しました。
オフィスは仕事をコツコツとこなすだけでなく、休息の場としての役割もあります。
ずっと集中しているとどんな能力のある人でも疲労してしまい、ベストなパフォーマンスは発揮できません。

観葉植物を「オフィス内の様々なスポット」で「最適な飾り方をする」ことで、合間の休息の効果も高まり、日々の仕事の能率も上がります。
ぜひ試してみてください。
 

 一覧に戻る