観葉植物インテリア・グリーンレンタルはKIRIN PLUS

TEL : 0120-25-8483

営業時間 : 10:00 - 19:00

クリスマスツリーと門松の販売開始しました

11月になり気温も低くなってきましたが、それにつれて年末ムードも高まりクリスマスツリーと門松を求める人が徐々に増えてくる時期となってまいりました。

KIRINPLUSでは今年もクリスマスツリーと門松の販売を開始致しましたので、今回は両者についてご紹介したいと思います。

 

歴史について

クリスマスツリーや門松を飾る家庭は多く見受けられますが実際いつ頃、飾るものなのか?ということはあまり知られていません。

 

【クリスマスツリー】

クリスマスツリー

クリスマスツリーの場合は、いつから飾るようになったのかというのは諸説あります。

1つ目は、古代ヨーロッパでゲルマン民族という人たちが暮らしていましたが、長い冬の時期は悪魔の力が強いと思われていて、冬至の日を暗い時間が短くなるため悪魔の力が弱まる合図だと考えられていました。

その日は太陽の復活を祝う祭りを行い、もみの木を飾ったことがクリスマスツリーの始まりだという説です。

2つ目は、ドイツの神学者がクリスマスイブに空を見上げた時、木々の間から星が輝き、子供にも見せたいと思い、木に飾り付けを始めたことがきっかけという説です。

3つ目は、モミの木には妖精が住んでいて、妖精のために木に飾り付けをしたという説です。

クリスマスツリーのオーナメントにも、実は色々意味が込められていて、てっぺんに飾る星はトップスターと呼ばれており、“希望があるように”という意味があります。

そのほかにもベルは魔除け、 など意味はありますが、基本的には家族や友人と「キレイだな」と思う飾り付けであれば良いでしょう。

飾る時期は、国や民族による違いはありますが、日本では近年クリスマスの前月である11月25日前後から飾る人が多くなっているようです。

 

【門松】

次に門松ですが、こちらは平安時代の後期の文献に登場しています。

すでにこの頃、正月に松を門戸に挿すことは習慣づいていたようです。

“門松”と呼ばれるようになったのは藤原顕季(ふじわらのあきすえ)で、堀河百首除夜という和歌の中で大晦日に門松を設置していたら、元旦の明け方になったという内容が書かれています。

以降、どの時代の歌にも正月時期は門松を飾るような描写がされており、非常に古い歴史を持っているのです。

門松を飾る時期は、12月28日頃からが一般的で、神様が降りてくるのを待つという意味が込められているので、元旦よりも前に置きます。

ならば大晦日でもいいのでは?と思うでしょうが、神様をお迎えするので1日では忙しすぎてNGなのです。

また門松の飾り納めの時期は、関東と関西で違いがあり、関東だと1月7日頃、関西では1月15日です。

 

選び方

 

【クリスマスツリー】

自宅にクリスマスツリーや門松を置く、となっても実際自分の家にどんなものが合うのだろう?と気になります。

迷われる方も多いようですので、選び方について以下ご紹介していきます。

 

まず、クリスマスツリーに関してですが、以下のポイントがあります。

 

・イミテーション(造花)なのか生木なのか

・サイズの違い

・デコレーションのイメージ

・色や飾るもの

 

イミテーション(造花)なのか生木なのかは、最近ではイミテーションを見ることがほとんどですが、本格的な生木のクリスマスツリーも用意されています。

また、イミテーションと生木がミックスされたものもあるので、どのようなクリスマスツリーにするのかを決めることから始めてください。

クリスマスツリーを決める時の大きなポイントは、サイズ感です。

マンションではあまり大きなクリスマスツリーを置くことはできませんし、戸建てでもどこに置くかでサイズは変わってきます。

サイズを選ぶ時に意識して欲しいのは、デコレーションのイメージを決めておくことです。

大きな飾りをたくさんつけたいというのではあれば、小柄なクリスマスツリーだと不恰好ですし、シンプルなデコレーションにするのなら大きなクリスマスツリーは殺風景になります。

こうした多角的な感覚で選ぶことが、とても大事です。

 

【門松】

門松の場合は、シンプルに玄関の環境に合うサイズのものを選べば問題ありません。

KIRINPLUSでもS・M・L・LLと4種のサイズをご用意していますので、玄関の大きさと比較して決めることが可能です。

 

門松

Sサイズ 高さ約90cm

Mサイズ 高さ約120cm

Lサイズ 高さ約150cm

LLサイズ 高さ約180cm

 

このように選び方はそれぞれポイントがあるので、届いてからご自身の環境に合っていなかったということがないように慎重に選びましょう。

 

クリスマスツリーも門松も早めに行動するのが吉

クリスマスツリーも門松も飾る時期は違いますが、多くの方が早めに動き始めているようです。

いざ買おうと思ったらあまり種類がなかったとか、思うサイズがなかったということにもなりかねませんので、買うことが決まっているのであれば、なるべく11月中に決めてしまわれることをオススメします。

 

さて、門松をKIRINPLUSにてご注文いただける方におかれまして、以下お知らせがございます。

お客様よりご愛顧を賜り、毎年多くのご注文をいただき大変嬉しく思っております。
今年はコロナ禍の中、ご注文の数が予測できないといったこともありますが、可能な限りスムーズな配送に努めさせていただきます。
例年であれば12月26日・27日・28日での配達希望が多いのですが、今年はその日が土日の週末にあたり、配達計画が複雑になることが予想されるため、効率よく遅延のない配送を優先し在庫数を減らすこととなりました。
在庫が無くなり次第、受付終了となってしまいますので、お早めにご注文ください。

 

尚、11月25日迄は早割キャンペーンを行っています。
キャンペーン期間中は、お得な金額で提供させていただきます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

【クリスマスツリー販売ページURL】

クリスマスツリー装飾無しページ
http://www.ki-rin.biz/fs/kirin/item2306

※ツリーのみレンタル  

 

クリスマスツリーナチュラルカラー装飾付ページ
http://www.ki-rin.biz/fs/kirin/item2308

 

クリスマスツリー青色装飾付きページ
http://www.ki-rin.biz/fs/kirin/item2309

 

 

【門松販売ページURL】

門松Sサイズ用ページ
http://www.ki-rin.biz/fs/kirin/item2173

門松Mサイズ用ページ
http://www.ki-rin.biz/fs/kirin/item2172

門松Lサイズ用ページ
http://www.ki-rin.biz/fs/kirin/item2171

門松LLサイズ用ページ
http://www.ki-rin.biz/fs/kirin/item2170

 

 

 一覧に戻る