観葉植物インテリア・グリーンレンタルはKIRIN PLUS

TEL : 0120-25-8483

営業時間 : 10:00 - 17:00

オフィスでの観葉植物の飾り方

2021,08,19

今回は当社の温室内オフィスを元に観葉植物の飾り方について詳しく解説していきます。
「飾り方がわからない」「どんな植物を使えばいいの?」など、疑問に思っていらっしゃる方のお役に立てれば幸いです。

観葉植物
こちらは当社の温室内オフィスになります。

 

当社の温室内オフィスでは7種類の観葉植物を飾っております。
ウッド調テイストで、統一感を持たせた鉢カバーを使用することにより、落ち着いた雰囲気になるような空間を演出しました。
使用した観葉植物は以下のとおりです。

 

◎アラレア・グリーンエレガンス

◎シッサス・エレンダニカ

◎クッカバラ

◎ツデイ

◎ビカクシダ(別名:コウモリラン)

◎シュガーバイン

◎ベンジャミン

 

窓から見えている植物はモンステラとドラセナになります。

 

飾り方の種類

 

室内での飾り方は大きく分けて5つの方法があります。

 

①吊り下げ

②壁掛け

③テラリウム

④飾り棚

⑤可動式ワゴン

 

飾り棚や可動式ワゴンは一般的な飾り方ですね。
何か物足りなさを感じている方は空いた空間を利用し、吊り下げて飾る方法もおすすめです。
一気におしゃれさが増しますよ。

 

飾り方のポイント

弊社が温室内オフィスで観葉植物を飾る際に意識したポイントをいくつかご紹介します。

 

3点並べを意識する

インテリアでは”等間隔で余白を持たせながら3点を並べて飾るのがコツ”とよく言われています。
よって、当社ではシッサス・エレンダニカ及び室内のペンダントライトを、それぞれ3点並べておしゃれな空間になるよう配置しました。

 

色にメリハリをつけ、印象的な空間作りに

シッサス・エレンダニカやアラレア・グリーンエレガンスのような濃い緑の色に、ツデイやビカクシダのように、明るい黄緑のものを組み合わせ色にメリハリをつけると、観葉植物の色だけで花を飾らなくとも印象的な空間を作ることができます。

 

上から吊るして飾るハンギンググリーンを採用

目線を上に引きつけるものを置くのは、天井を高く見せる効果や風水上でも良い置き方だといわれており、現在人気を集めています。

弊社の温室内オフィスでは、飾り方の紹介を兼ねて、水苔などでも生育するビカクシダ等のナチュラルなハンギングと、ガラスドロップに石とエアープランツを飾ったタイプの2種類を採用しております。
スッキリとした印象にしたい方は飾り方を一つに絞った方がおすすめです。

 

いかがでしたか?
今回は当社のオフィスを元に観葉植物の飾り方について解説しました。
飾り方を変えるだけでオフィスの雰囲気を大きく変えることができます。
ぜひ、新しい空間作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

▶ 観葉植物のレンタル・リースに関する詳細はコチラから

 一覧に戻る 

TEL : 0120-25-8483

TEL : 0120-25-8483